« セキュリティの強化と利用者の使い勝手の間に挟まる社内ヘルプデスクの悲しい立場 | トップページ

まとめとあとがき

毎週色々書いてきましたが、そろそろ書きたいことは一通り書いた感じになってきました。「週刊」「連載」にこだわって内容を薄めてダラダラ続けても仕方ないですから、そろそろまとめにして連載を終わろうと考えています。

最後に、超簡単にまとめると、社内ヘルプデスクをうまく回すためのポイントは以下の通りです。番号が大きい程、自分たちだけでは出来ない要素も入ってくるため難しくなるでしょう。しかしそこは難しいから諦めるというのではなく、「会社にとってのベストがどうなのか?」を考えて、周り、特に、経営陣を巻き込んで実行していきましょう。

1.記録を徹底する
2.情報共有を徹底する
3.機器管理を徹底する
4.自分達で仕組みを作る
5.受益者負担をつくる


あとがき

始めた頃は書きたいことが色々あるので1年ぐらいは続くかと考えていたのですが、実際にはそこまで続きませんでした。また、自分の文章を後から読んでみると、「こりゃぁ商用にはならないな」という事を改めて感じさせられました。文章のプロはやはり文章のプロなのですね。自分のこのレベルで本を出したいと考えていた事が無謀だったと気づいたのは大きな収穫だったと感じています。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

|

« セキュリティの強化と利用者の使い勝手の間に挟まる社内ヘルプデスクの悲しい立場 | トップページ

全体」カテゴリの記事

コメント

もうちょっと頑張れば

投稿: | 2010年4月 6日 (火) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140870/31524473

この記事へのトラックバック一覧です: まとめとあとがき:

« セキュリティの強化と利用者の使い勝手の間に挟まる社内ヘルプデスクの悲しい立場 | トップページ