« 最新技術と守るべき部分 | トップページ | 社内ヘルプデスクのやること管理手法 »

特定条件でのみ使用するソフトウエアのライセンス管理

特定条件でのみ使用するソフトウエアのライセンス管理はかなり厄介です。「特定条件でのみ」というのは、どこかの部署のみであるとか、どういう業務をする人のみ、というような、「全台共通で入れるソフトウエアではないもの」です。

そういったソフトウエアは、購入時にはどのパソコンにどれを入れてどうなっているという情報が分かっていても、管理を手抜きすればすぐそれが分からなくなってしまいます。また、どういう条件で購入したのかよく分からないソフトを見つけた人が、「あるから使って良いだろう。」という事で勝手にインストールしてしまい、結果的にライセンス違反を犯してしまっている、、、なんて事も発生する可能性があります。つまり、社内ヘルプデスクとしては、物理的なメディア(もしくはインストールに必要なファイル)の管理と、それをどこでどう利用しているかの管理の両方をうまく実現させなければなりません。

ライセンス管理は、SCCM等で実現する事も可能です。しかし、実際にはサーバとクライアントの通信がうまくいかないであるとか、ネットワークに接続しないパソコンは情報を吸い上げる事が出来ないであるとかの問題が発生し、それだけで本当にうまく行くかどうかというと、非常に怪しいというのが私の考えです。

では、どうすれば良いか?

ここは、一部ローテクになりますが、台帳系の仕組みをきちんと作って運用するしかありません。機器に番号を振るという話を書きましたが、ソフトウエアのライセンスもそれと同じ手法で管理するのです。機器とソフトウエアを個体が識別出来る形で情報管理し、インストールしたという事を組み合わせで表現するのです。「インストールする」という作業と台帳更新をセットにして、実際の利用状況は台帳で管理するようにすると同時に、「アンインストールした」もしくは「初期化した(=そのソフトウエアを取り除いた)」「廃棄した」という作業も台帳更新をセットにして、ソフトウエア利用の実体と台帳が完全に一致する仕組みを作っておくのです。こうしておけば、ライセンスキーが必要なソフトウエアであっても、どのライセンスキーを使っているのかという管理まで含めて、実体と台帳を無理なく無駄なく管理する事ができるようになります。

仕組みを作るのは少し大変かもしれませんが、機器管理の一環として取り組めば容易に実現できる事に気がつく事だろうと思います。ソフトウエアの事も含めて全体を最適化すれば、有形、無形、双方の物の管理が簡単、かつ、確実に行えるようになるはずです。

次回もよろしくお願いします。

|

« 最新技術と守るべき部分 | トップページ | 社内ヘルプデスクのやること管理手法 »

ソフトウエア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特定条件でのみ使用するソフトウエアのライセンス管理:

« 最新技術と守るべき部分 | トップページ | 社内ヘルプデスクのやること管理手法 »