« AdobeReaderの脆弱性対策が追いつかない? | トップページ | 特定条件でのみ使用するソフトウエアのライセンス管理 »

最新技術と守るべき部分

2009.06.26は、「iPhone 3GS」の発売日でした。私自身、「iPhone 3G」を使っている事もあり、新機種の発売はとても気になっていました。しかし、予約するまでには至らず、店頭でさわってみて良ければ変更を考えようかな、ぐらいのノリでした。実際に店頭で確認したところ、確かに速くて欲しくなってしまいましたが、私が欲しかった32G白が売り切れていたのでひとまずは諦めましたが。。。

この手のモバイルデバイスを使っていると、そのまま仕事で使いたくなってしまうのが人情です。しかも、iPhoneはMicrosoft社のExchangeに対応しているため、既にOutlook等をクライアントとして使っているExchangeを稼働させている会社であれば、利用者からiPhone用にその口を社外に開けてくれ、というものや、社内の無線LANに個人のiPhoneを接続させてくれ、というような要望が来るのではないかと思います。恐らく、ある程度以上のセキュリティを意識している会社であれば、そういう要望は受け入れられない事になるでしょうから、利用者との窓口である社内ヘルプデスクは板挟みに遭ってしまうかもしれません。

セキュリティのためのポリシーやルールは大切です。それらはどちらかと言えば、守る部分になります。世の中の最新技術は便利を追求しており、明らかに攻めの部分です。個人は最先端を追いかけるのが容易ですから、利用者としてそれを仕事の道具に求めるのは当然でしょう。たとえば、GmailとiPhoneを組み合わせて使ってしまうと、自社メールサーバに閉じた小さな世界にはもう戻れなくなってしまうのは事実です。具体的な金額に換算するのは難しいのですが、道具としての使い勝手はこれまでの「メール」とは桁違いです。

社内ヘルプデスクは、サービスを提供する側と利用する側の接点であるため、双方の視点を持って欲しいと思います。守りにばかり偏っても、攻めにばかり偏ってもいけません。いずれの意見、主張も漏れなく吸収し、会社としてどうするのがベストかを考えて次の形を提案するための情報を集め、それを出せるような組織になっていきましょう。

なになら妙に思想系になってしまいましたね。

次回もよろしくお願いします。

|

« AdobeReaderの脆弱性対策が追いつかない? | トップページ | 特定条件でのみ使用するソフトウエアのライセンス管理 »

全体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140870/30303093

この記事へのトラックバック一覧です: 最新技術と守るべき部分:

« AdobeReaderの脆弱性対策が追いつかない? | トップページ | 特定条件でのみ使用するソフトウエアのライセンス管理 »