« Microsoft社ではない会社のOffice製品に切り替えられるか? | トップページ | どういう形態のパソコンを購入すべきか »

社内ヘルプデスクと新入社員教育

世の中ではゴールデンウイークです。システム、特に、運用の仕事をしている人は連休でも夜間を含めたシフトで勤務していたりする事が多いのではないかと思います。社内ヘルプデスクの場合は、社内の利用者が休みなら休みとなったり、人数を減らしたり、そういう状況が多いのかも知れません。

春は新しい出会いの季節です。少し規模が大きい会社では、人事系の部署が新入社員教育を行った後、各部署へ新人が配属されるという流れになるのでしょうか。教育期間はさまざまだと思いますが、ゴールデンウイークの連休が近づくとそろそろ、という会社が多いのではないかと勝手に思っています。(気のせいかもしれません。)

イマドキの新入社員はパソコンを使える人が多いというのは事実だと思います。しかし、仕事で使うパソコンはプライベートや学校で使ってきた使い方とはかなり勝手が違うものです。詳しい人に関しては、会社で指定したメールソフトしか使えないであるとか、勝手にソフトウエアをインストールしてはいけないであるとか、これまで自由にやってきた事が一気に制限される事にストレスを感じる場合もあるでしょう。また、「これぐらいは出来るだろう」と感じているような事でも、実は全く出来ないという場合もよくある話です。たとえば、「Excelが使えます」と言って入社してきたとしても、「Excelで仕事ができる」とは別次元だという事に気づくまで、そう時間がかからなかったりするわけです。

もし可能であれば、社内ヘルプデスクが新入社員に対するパソコン教育を担当させて貰うのが良いと私は考えています。「教育する」という目的を明確に設定する事ではっきりした業務の形を打ち出す事が出来ますし、毎年このタイミングで社内事情を整理して資料にまとめるきっかけにもなります。現場に配属された新人が現場でパソコンの担当者をやらされる事も多いでしょうから、あらかじめ顔見知りになっておくには絶好のチャンスです。退職者のパソコンの撤去やアカウントの停止、新入社員のパソコンの準備やアカウントの作成等、色々と忙しい時期ではありますが、この時期、このタイミングでしか出来ない事をうまく活用して、日頃の業務をやりやすくするという視点で考えてみては如何でしょうか。

今回の記事は公開のタイミングが遅かったかもしれませんね。すいません。

次回もよろしくお願いします。

|

« Microsoft社ではない会社のOffice製品に切り替えられるか? | トップページ | どういう形態のパソコンを購入すべきか »

全体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140870/29397247

この記事へのトラックバック一覧です: 社内ヘルプデスクと新入社員教育:

« Microsoft社ではない会社のOffice製品に切り替えられるか? | トップページ | どういう形態のパソコンを購入すべきか »